お煎餅が出来るまで

もみじ卵たっぷり
もみじ卵たっぷり
新鮮な卵です
新鮮な卵です

地元(筑前町)でとれた新鮮なもみじ卵を割り、大釜に入れ混ぜる。次に砂糖、小麦粉の順に混ぜていきます。出来た生地は約半日ねかせます。仕込み方によって煎餅の出来が変わってくるので仕込みは大事な作業の一つ。膨張材等は一切使いません。

生地を流します
鉄板に生地を流します

 

 

鉄板が焼けたら生地を流し込みます。鉄板が焼けるまで約30分はかかります。
鉄板の温度、火の調整も生地の量も長年の
煎餅の種類、季節、温度等によって変わってきます。微妙な調整も長年の経験と勘が頼り。
うちの機械は鉄板が5枚ある5丁焼きの機械(昭和初期から使用)です。

豆を入れていきます
豆を入れていきます

 

 

流しこんだ生地に上からグリンピースを落としていきます。これも早くしないと焦がれるので手早く平等に。鉄板の蓋をし、豆をつぶし一回りしていく作業の繰り返し。鉄板の取っ手は夏場は触れないくらいの熱さ!

グリンピース煎餅の出来上がり
グリンピース煎餅の出来上がり

 

 

一回りしたら当店一番人気のグリンピース煎餅の出来上がり!焼きたてはまだ熱くて柔らかい状態。冷えると同時に硬くなります。ちょっぴりきいた塩味が人気。一枚の鉄板で9枚出来ます。

曲がり煎餅(りんかけた煎餅)

型に入れ曲げます
型に入れ曲げます
何時間も煮詰めます
何時間も煮詰めます

蜜としょうが等を手早く混ぜます
蜜としょうが等を手早く混ぜます
蜜をからませたら乾燥室へ
蜜をからませたら乾燥室へ

しょうが煎餅の出来上がり
しょうが煎餅の出来上がり

生しょうがを使った、ピリッと辛いしょうが煎餅。

りんかけ煎餅は、出来上がるまで3日かかる、手間暇かかった煎餅です。

みわせんべい

〒838-0813

福岡県朝倉郡筑前町依井947-4

TEL 0946-24-0008

FAX 0946-24-0008

 

営業時間

9:30~18:00

定休日

毎週日曜日

定休日

11月のお休み

5日・12日・19日・26日

12月のお休み

3日・10日・17日

 12/31まで営業致します。

 

※通常毎週日曜日が定休日になります。